2014/05/06

チャート設定についてご質問を頂きました。

こんにちは、mayママです。


Tully'sでモーニング
Tullysモーニング
フレンチトーストにはプラス50円でホイップクリームをトッピング

あぁ、シアワセ



さて、60秒取引のチャート設定についてご質問を頂きました。

Q「チャートの切り替えはどうしているのですか?」

A「↓こんな感じです」

mayママ①4通貨を5分足で常に監視しています。
表示


そして例えばドル円がチャンスだと思ったら
②ドル円のチャートに切り替えます。
1分足・5分足・1時間足を表示しています。
表示2
(左側半分の緑で囲んだ辺りにN社の注文画面を出すので、
 チャートは右半分しか見えないですが、十分取引出来ます)

モニターが複数枚あれば「1モニターにつき1通貨表示」出来るのですが、
mayママはモニターが1台しかないので都度切り替えています。

そしてご質問はこの①から②のチャートに切り替える方法に
ついてです。(勘違いでしたら、またご連絡くださいね

ワンクリックで切り替えるためには、あらかじめ①と②のチャートを
「組表示」で登録する必要があります。


「ファイル→チャートの組表示→名前を付けて保存」の順に選択すると
保存画面が出てくるので「ドル円」とか自分の好きな名前を付けて保存します。
表示3
すると赤枠の中に保存したチャート名が出てくるので、
次回からはそれをクリックすると切り替わります。

MT4でも業者によって設定の仕方には多少の違いがありますが、
どのMT4でもワンクリックで切り替わるようになっています。

チャート名に日本語を入れると文字化けする場合もあります。
と言うより、アルファベット表示が常識と笑われた事があります。
でも・・・日本語がしっくりくるので日本語で入れてます(^_^)v



余談ですが、移動平均線やボリバン等の設定をチャート1枚ごとに
いちいち設定している方がいらっしゃるかもしれませんが、
1枚設定したらそれを「テンプレート」で保存しておけば、
次からワンクリックで設定できますよ。

例えば、ドル円の5分足に移動平均線・ボリバン等を設定したら
「チャート→定型チャート→定型として保存」をクリックし名前を付けて保存します。
次にドル円の1分足を設定する時は、新規ドル円のチャートを立ち上げ、
「チャート→定型チャート→上で付けた名前(テンプレート名)」をクリックすると、
一発ですべての設定が終了します。

インジケーターの設定数値がテンプレートとして保存されるので、
いちいち設定しなくてもOKなのです。楽ちんですよ♪


但し、MT4によって若干設定の仕方が違うようですので、
一度、お使いのMT4の取扱説明書をご覧ください^^

最近MT4がバージョンアップされたので別の方法もあるのかもしれません。

また、MT4が難しい方はGMOクリック証券のプラチナチャートが
設定も簡単で値動きもスムーズで良いと思います。
にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

2014/03/12

mayママ手法第6回「実際の取引のご紹介」

こんにちは、mayママです。


第6回目の今日は「実際の取引」をご紹介します。

mayママは毎朝7時過ぎにチャートを立ち上げます。

監視通貨はドル円・ユーロドル・ポンドドル・豪ドル米ドルの4種類です。
おススメはやはり値動きが素直なドルストレートです。
国内BO会社で人気のクロス円(ユーロ円・ポンド円)は取引していません。



#下記の説明が分かりにくかったので訂正しました#

ドルストレートとは

 為替市場は基軸通貨であるアメリカドル(米ドル)を中心にして動いていて
 米ドルの入る(絡む)通貨ペアをドルストレートと呼んでいます。
 ユーロドル・ポンドドル・豪ドル米ドルなどを指します。

 ※ドル円もドルストレートに入るという解説がありますが、
  mayママはドル円は単体で考えています。
  ドル円ドルストレートクロス円と3つに分けています。

 
クロス円とは

 米ドル以外の通貨は、直接他の国の通貨と両替することはできません。

 例えば日本円でユーロを買いたいと思っても、日本円で直接ユーロは買えません。
 一旦、日本円を米ドルに両替し、米ドルでユーロを買うことになります。

 つまり「 日本円 → 米ドル → ユーロ 」という手順です。

 一度、米ドルと交換(クロス)させるのでクロス円と呼ばれるそうです。
 ユーロ円の他にポンド円・豪ドル円などがあります。

 値段はユーロ円なら 日本円×ユーロドル=ユーロ円 となります。
 つまりユーロ円を取引しようと思ったら、ユーロ円のチャートの他に
 ドル円とユーロドルの合計3通貨のチャートを監視する必要があります。
 mayママはこの煩わしさが苦手で取引していません。


では、実際の取引のご紹介です。

下のチャートは本日3月12日午前7時32分現在のチャートです。
1403122.png
今朝も7時10分頃にチャートを立ち上げ、4通貨の5分足を見てポイントを探しました。

ドル円はなんとも言えない感じ。

ユーロドルはサポートラインがはっきり引けました。

ボンドドルはサポートラインも引けるし、75EMAもポイントになりそう。

豪ドル米ドルは完璧なレンジ!


そうこうしているうちに豪ドル円のレートが5分足のポイントにやってきました。
1分足でタイミングを合わせレンジの上下で1回ずつ、合計2回取引出来ました。
140312.png
黒のラインが朝みつけたポイントです。

最初の取引(オレンジの矢印)は、もう1本早く入ろうと思いましたが、
上ヒゲが長くなったので1本待ち、上抜けないことを確認して購入しました。

2回目の取引(緑の矢印)は、ラインぴったりのベストなタイミングでした。

2回目の取引直後に大きく下抜け、レンジは終了しました。
「レンジは見付けた時は終わりに近い」なんて言う方もいて、
見付けたら迷わず取引&深追いしないのが良いのかもしれませんね。


ブロマガでは、上の様な感じで実際の取引を日々ご紹介しています。


次回は「変えるのは手法ではなく考え方」を予定しております^^
にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

2014/03/10

mayママ手法第5回「絶対にしてはいけない2つのこと」

今日、この冬初めて雪が舞いました。

      初雪です

3月に初雪なんてびっくりですよね。




さて、本日はmayママ手法の第5回目の記事となりました。

初めての方はブログ左側のカテゴリー「mayママ手法」
第1回目からお読みくださると分かりやすいと思います^^


実は、今日のお題「絶対にしてはいけない2つのこと」は

mayママ自身に向けて厳しく書いていきたいと思います。


大きな声では言えませんが、金曜日に2つともやっちまいましてね・・・(--〆)
おかげで2月からずっと続いていた「毎日勝ち逃げ」連勝記録が
先週の金曜日でストップしてしまいました(/_;)

考えてみればこの「2つのこと」さえしなければ、勝率も高いので
毎日勝ち逃げが可能だと分かっているのに、それでもやらかしちゃう
そんなアンポンタンな自分に向けて記事を書きます。


前置きが長くなってスミマセン。
この後も長くなるので、先に結論を書いておきます。

逆張り手法を使うなら①連続エントリーは厳禁
             ②マーチンゲールは自殺行為
この2点をしっかりと頭に叩き込んでおきましょう( ..)φメモメモ




さて詳しくご説明です。

今回ご紹介している手法は主に逆張りです。
つまりレンジ相場が得意トレンド発生時には弱い手法です。

下は5分足でレンジになっています。オレンジの丸の付近で
1分足でタイミングをとって取引すればじゃんじゃん取れそうです
してはいけない


しかしトレンドが出来始めると恐ろしことが起きます
逆張り破綻
例えば(根拠が弱いですが)5分足の直近の高値で逆張り(下方向)したとします。
5&1分足の黒いラインをレジスタンスと見て購入したのですが、
1分足の次の足(黒矢印)は上抜けてしまいました。

すると丁度5分足の次の高値のオレンジのラインまで
レートが来たので、続けて逆張りで下方向を購入。
しかし1分足の次の足(オレンジ矢印)は再度上抜けてしまいます。

もう5分足に逆張りのポイントとなるレジスタンスはありません。
完全に上抜けてしまっています。しかし「これだけ上抜けたら
1度はさがるんじゃないか」という値ごろ感が頭をよぎります。
そこで続けて緑の矢印青の矢印でも逆張りし、結果4連敗です。
たった4分間の間に4連敗です。


出来上がったチャートを見て冷静に判断すれば誰だって
「こんな値動きの時に取引しちゃいけない」と分かるのですが、
実際にレートが動いている最中は「ここが天井だ」と思う。

その天井は、まさに蜃気楼です。


そしてこの蜃気楼を追いかける時、さらにやっちまうのがマーチンゲール
購入額を倍々にしていく購入方法ですね。

以前にも記事にしましたが、
 ペイオフ70%  1回の勝ちで3500円程度の利益を確保
   掛け金は1000円単位



1回目  5.000円購入  勝ち3.500円の利益(  負け▲5.000円)

2回目  12.000円購入  勝ち8.400円の利益(累計負け▲17.000円)
             (実質利益3.400円)

3回目  29.000円購入  勝ち20.300円の利益(累計負け▲46.000円)
             (実質利益3.300円)

4回目  71.000円購入  勝ち49.700円の利益(累計負け▲117.000円)
             (実質利益3.700円)

5回目  172.000円購入  勝ち120.400円の利益(累計負け▲289.000円)
             (実質利益3.400円)

6回目  418.000円購入  勝ち292.600円の利益(累計負け▲707.000円)
             (実質利益3.600円)

7回目  1.015.000円購入  勝ち710.500円の利益(累計負け▲1.722.000円)
             (実質利益3.500円)

8回目  2.465.000円購入  勝ち1.725.500円の利益(累計負け▲4.187.000円)
             (実質利益3.500円)


実際には1回の購入上限額が5万円という業者が多いので、
3回目で破綻する場合がほとんどじゃないかな?

仮に3回目で破綻したとして▲46.000円分を取り戻すのには、
5.000円購入だと14連勝しないといけない計算ですね。


ナイチンゲールは天使だけど

マーチンゲールは悪魔よ



もう初心者じゃないのに蜃気楼を追いかけ、
マーチンゲールという悪魔に惑わされる。
そんなことをやっていると、必ず破綻します

しかしこの蜃気楼と悪魔にさえ気を付ければ
BOでの逆張り手法はシンプルで強力な手法だと思います。


では、次回はmayママの実際の取引をご紹介いたします^^
にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク