2017/06/16

FXでこれさえ表示すればOK!シンプルインジMTFは初心者もBOも!


こんにちは、mayママです。

今日はMTF(マルチタイムフレーム)でシンプルに取引する方法をご紹介します。幾つもインジケーターを設定しても使いこなせない方や、異なるインジケーターが反対のサインを出してしまってどうしていいかわからない方に、是非、試して頂きたいインジケーターです。


【マルチタイムフレーム(MTF)とは】


ズバリ、目新しいインジケーターではありません。昔から使われていたインジケーターです。mayママはFXで使っています。

下がマルチタイムフレームです。
1時間足チャートに日足の移動平均線(MTF使用)を表示しています。
MTF
1時間足チャート上で日足チャートの移動平均線を表示できるのです。つまり、いちいちチャートを切り替えなくてもいいことになりますね。FXでは上位足を確認することは必須ですから、非常に便利ですね。


しかし日足の移動平均線だけで取引するには根拠が少なすぎるので、もう少し移動平均線を加えていきます。4時間足の移動平均線(MTF)と1時間足の移動平均線を加えてみました。いかがですか?何か見えてきませんか?
MTF1
黒い矢印部分が「買い」や「売り」のポイントになりそうだと思いませんか?^^


移動平均線の数値はお好みの物を使って頂けばいいと思います。デイトレードかスイングトレードかで数値も異なってくると思いますが、mayママは下のチャート表示にしています。紫の破線は200SMAですが、あまり意識していません。
MTF解説


【MTFを使って実際の戦略を立ててみる】

今日はドル円が分かり易いので、ドル円のチャートでご案内しますね。

ご説明の必要もないほど単純で一目瞭然ですが、何か書いとかないとブログにならないので^^;
〇の所(2か所)で白い移動平均線(MTF)がレジスタンスになっていました。しかし、ついにレジスタンスを突破したので、矢印の位置で順張りでトレードします。利益確定の目標になるポイントですが、次のチャートをご覧ください。
MTF2


上のチャートを全面表示にして見ると、オレンジの細い移動平均線(MTF)の上に、見えていなかった太いオレンジの移動平均線
MTF)☆印
があることに気が付きます。スイングトレードならばこのラインの付近まで粘りたいですね。しかし今日は金曜日、ポジションを持ち越さない為には、NY時間の早いうちに決済したいところです。
MTF3


【まとめ】

今回は1時間足に他の時間足の移動平均線を表示しましたが、5分足や15分足に表示することも可能ですね。但し、5分足ですと離れた位置にあるMTFはチャート内に収まらないので、チャートを全面表示にする必要があり、あまりメリットはないかもしれません。モニター1面に5分足1枚だけの表示って、モニターが勿体ない気がします。オススメは1枚のモニターに4通貨の1時間足を表示して、一番取引しやすい通貨を選ぶのが良さそうです。

個人的にはMTFを使った取引は、FXでは長めのデイトレード~スイングトレードに向いていると思っています。ずっとPCに張り付いていることはできないので、あらかじめ目標値にIFO注文を入れておくと便利ですね。

バイナリーオプションでは短時間取引では使いにくいですが、24時間後の値動きを予測するような取引や、国内バイナリーオプション取引の補助インジケーターとして使えるのではないかと思います。
にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

2017/05/03

インジケーターとチャート設定⑦バイナリーオプションで移動平均線をシンプルに使う手法

前回「インジケーターとチャート設定②」移動平均線を使ったバイナリオプションの取引手法をご紹介しました。

インジケーターとチャート設定②の記事は➡こちらからどうぞ



しかし今回は「初心者の方」&「チャートは1枚で済ませたいと言う方」の為に、もっともっとシンプルに取引する方法をご紹介します。


前回は5分足1分足の2枚のチャートを開きましたが、今回は5分足チャートのみで取引していきます。


この移動平均線はFX取引ではよく使用されているポピュラーなものですが、バイナリーオプション取引ではあまり脚光を浴びてないような気がします(個人的意見^^)

しかし意外にバイナリーオプション取引でもイケるんですよね!

まずは下のチャートをご覧ください。
デッドクロス

通常FXでは

1、短期移動平均線(黒)
2、中期移動平均線(ピンク)
3、長期移動平均線(緑)


と3本の移動平均線を表示して使うのが一般的ですね。


このチャートの様に上から長期移動平均線・中期移動平均線・短期移動平均線が放射状に下降してきた場合をデットクロスと表現し売りサインと判断されます。


その逆に上から短期移動平均線・中期移動平均線・長期移動平均線と放射状に上昇してきた場合をゴールデンクロスと表現し買いサインと判断されます。

もちろんチャートの長時間足から順に見て見てトレンドを判断します。

でも、これはあくまでFX用ですから(^o^)丿個人的意見



では、どうするかというと・・・

mayママ移動平均線2本で勝負します。

チャートを切り替えるのも面倒なので5分足のみで勝負します。
移動平均線で取引

表示しているのは下の2本です。

中期移動平均線(ピンク)20SMA
長期移動平均線(緑)75SMA


どちらの移動平均線も右肩下がりの下降トレンドです。

ですから素直に下向き方向に取引します。
狙うは長期移動平均線に戻って来たところ!

ひと言でいうと戻り売りです。

mayママはスプレッドハイローでの取引がメインなので、値動きの幅とスプレッドの幅も考慮して、スプレッド幅があまりに広いと感じた時は見送ります。

また、判定時間は基本的には一番近い時間を選んでいます。
間に合わなければ次の5分先の時間を狙いますが、その時は早々に購入するよりも少し様子を見て購入します。

例えば判定時間の7分も前に購入すると、スプレッドが幅広過ぎてスプレッド負けの可能性が出てくるからです。

最近スプレッド広めなんですよね。特にドル円やクロス円。
東京時間はかなり広くてやりにくい時があるので、無理しないようにしていますが、将来的にスプレッドなしに切り替えることも検討中デス。


最後に、移動平均線の数値ですが、mayママは20と75の組み合わせが好きですが「これが正しい!」というものではありません。ご自身の使い易い組み合わせを探すのも楽しいと思います。13と25も人気の数値のようですので、工夫しながら取引してみて下さいね^^

スポンサーリンク

2017/05/02

インジケーターとチャート設定⑥MT4を軽くする3つの方法

こんにちは、mayママです。

ドル円が112円台に突入しましたね!
85円台でロングしているので嬉しい限りです


さて、MT4にインジケーターを詰め込み、チャートを開きまくり取引していると・・・動作が重くなりませんか?

余分なインジケーターやラインは消しておくのが基本ですが、それだけではなかなか解決できませんね。

ここではMT4の動作を軽くする3つの方法をお伝えします。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

①ヒストリー内の最大バー数とチャート内の最大バー数を減らす


ヒストリー内の最大バー数(MT4が記憶するローソク足等の本数)とチャート内の最大バー数(チャートに表示されるローソク足の本数)を減らすことで動作を軽くすることが出来ます。
最大バー
①「ツール」をクリック
②「オプション」をクリック
③次に「サーバー」をクリック
④それぞれのバーの本数を選択
⑤「OK」をクリック


バーの数はどちらも20000本で十分かと思います。
5000本でも問題ないと思います。
但し、EA等で過去のデータを必要としている場合は除きます。



②ニュースを非表示にする

MT4でニュースをチェックすることって少ないんじゃないかな。
見ないなら非表示にしちゃおう!
ニュース非表示
上と同じように
①「ツール」をクリック
②「オプション」をクリック
③次に「サーバー」をクリック
④「ニュースを有効にする」のチェックを外す
⑤「OK」をクリック


それ以降のニュースは配信が停止します。



③取引しない通貨は非表示にする


最近は通貨だけでなく指数取引も出来るMT4がありますが、取引しない方にとっては邪魔なだけな気もします^^
チャートを表示したあとで設定すると、チャート表示していない通貨を非表示に出来ます。
気配値非表示
①「気配値表示」をクリックして表示する
②気配値表示の上で右クリック
③「すべて非表示」をクリック


あとから「やっぱり全部表示したい」と思った時は「すべて表示」をクリックすれば戻ります。


ここまでです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

チャートを切り替えたりするときに重いと感じたら、上の作業をすることで改善されることがあります。
是非、試してみて下さいね。

スポンサーリンク