FC2ブログ
2013/12/21

BO、時代は60秒から30秒へ?

こんばんは、mayママです。


N社は19日の朝、システムエラーになった後、ほとんどの通貨は1時間ほどで
取引できるようになりましたが、XAU(金)は一足早くクリスマス休暇?に入ったようです。
131221.png
それにしてもペイアウトが185%に戻る気配がありません。
年内は180%のままですね、きっと・・・。



ところでSmart Optionで30秒&120秒の取引が出来るようになったそうですね。

時間が短くなればなるほど値動きは読みやすくなるような気がする反面、
ほんの少しの値ブレや約定時の滑りでやられそうな気もしますね。

特にSmart Optionはレンジが設定されることがあったので
取引するのなら注意が必要かなと思います。


国内BOは2~3時間と長くなったのに比べ、海外は60秒から30秒へ。
日本でのサービスを停止した例の会社は15秒があったようですが、
あまり普及しなかったみたい?30秒はどこまで浸透するかな?
にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

No title


海外のBOの事ですが
PCのスペックを大きくしても通信速度が速くなってもシステムトラブルの他にも意図的にレート操作やすべる固まるなどされたらいくら動作環境を変えても駄目ですしね。
これじゃ確実に不正でしょう!!
という感じがします。


これまでMT4のデモツールを色んな業者で試してきたけど、何にも問題がないのは市場直結になった後のアルパリジャパンです。
それ以前には3回から7回は約定拒否されて使えたものじゃなかったです。
サイバーエージェントのMT4は使用当初から問題なしです。
FXTFとFXCMはトラブルだらけで完全に使えません。
PCの動作環境を満たしていないためかと思います。
移動平均線手法ならMT4は必要ないので、久々にライオンFXのチャートを開くと、仕様が変わっていて下部テクニカルがこれまで2つまでだったのが4つまで設定出来るようになっていた等変わっていました。
それまでは一台のノートPCにチャート3~4枚設置しても問題なかったのに今は1つのみ設定でも無理っぽい時もあります。
それ以上時間足を設定しようとすると固まります。
時間足が一つでは全体を把握出来ず、スペックを大きくしなければもう使えないんだろうなぁ。
ライオンFXのチャートは見やすく使いやすく、PC一台でも取引出来るので唯一の候補だったのに残念です。

MT4

mayママは秋にPCを新しくしましたが、
新しくなっても約定の速さは変わりませんでした。
レート配信が止まる時は止まるし、約定は滑る時は滑る。
通信環境ではなく業者のシステムに関する問題のようですね。

ただ、クリックのプラチナチャートの時間足の切り替えは
ものすごく速くなりました。
が、OSの問題でチャート保存ができなくなり、
結果、プラチナは使えなくなりました(泣)

mayママは7FX(セブンインベスターズ)のデモ用MT4を使ってます。
しかし週足が6本なので5本の業者に変えたいと思っています。

サイバーエージェントがトラブルがないそうなので、
5本であれば明日にでも試してみようかな?と思います^^

あと、アルパリジャパンも口座を作る方が増えているみたいですね。
BOもFXも新規参入が多くて、カタカナ社名を覚えきれないです(笑)