2017/04/13

インジケーターとチャート設定②移動平均線を使った取引

こんにちは、mayママです。

バイナリーオプションで沢山のチャンスを得て勝率を上げるには
如何に多くの的確なポイントを探せるかだと思います。

そして手法の数が多ければ多いほど沢山のポイントを探せますね。

今日は移動平均線を使った取引をご紹介します。
5分足チャート1分足チャートを使って取引します。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

では、ここからです。


1、基本は5分足チャートと75MAと順張り
  ( 購入のタイミングは1分足を見ますが、これは後ほど)

  下の5分足チャートは75EMAがとても良く機能しています。
  ポイントを探す

  見やすい様に75SMAを消し75EMAだけを表示しました。
  ポイントを探す2
  チャートの左側から順次見ていくと、短期移動平均線(20MA)
 長期移動平均線(75MA)の上にあり、右肩上がりの上昇トレンドです。

 落ちてきたローソク足が75EMAにタッチして
 反転上昇するオレンジの丸の中のタイミングを狙います。
 
 黒い丸の中でしばらくもみ合い、デットクロスして下降トレンドに変わります。
 
 辛抱強く待っていると75EMAまでレートが戻って来ました。
 ここからは75EMAで反転下降するオレンジの丸の中の
 タイミングを順張りで狙っていきます。

 その後、一気に下方向へ動いていきました。
 下降トレンドが強い時は75EMAまで戻りませんので、 20MAにタッチして
 反転下降する黄色い丸の中のタイミングを狙います。

 ここまでは5分足の順張りです。



2、逆張りも狙ってみると意外とイケる!

 分かりやすい様に同じチャートでご説明します。
 ちょっと強引ですがサポートラインを引いてみました。
  ポイントを探す3
 黒の矢印の辺りで逆張りが狙えます。(最後の黒丸の中は、サポートラインが
 レジスタンスラインに変わり、下方向への購入ですので順張りですね。)

 ただ5分足のトレンドに逆らった逆張りですからリスクはあります。
 この場合も最終的に下方向へブレイクしてしまいました。
 しかし、リスクを負っても取引したいポイントです。


今回紹介した1と2のチャートですと、移動平均線やサポートラインに
タッチ又は近づいた次の足の始値で購入すれば勝てそうに見えますね。
1.8倍のハイロウでしたらイケるかもしれません。
しかしスプレッドハイロウとなると、そう簡単にはいきませんね。

値動きにもよりますがスプレッド幅は日々広がっているようです。
締め切り時間が近づくにつれてスプレッドが狭くなるとばかり思っていたら、
値動き次第で再び広がる事象を発見して驚きました(-_-;) 



3、一番近い判定時間を狙う

mayママはポイントに来たら、一番判定時間の近い取引を狙います。
レートの動きが止まって反転する様子が見えてから購入します。

一番注意しているのは、まだ値動きが止まっていないのに
「締め切りだから購入しなきゃ!」と見切り購入してしまう事。
この場合、ほとんど次の時間帯の取引が正解です。


4、購入時にのびしろを確認する。

  FXでいう利益確定ポイントを探す作業に似ています。

 下の5分足チャートはオレンジの丸の位置で75EMAで反転下落しています。
 そこで再び水色の丸の位置で反転下落することを期待して購入します。
  のびしろ


 そこで下の1分足でタイミングを見ると同時に「のびしろ」を確認します。
 記事の中の「のびしろ」はレートがどこまで下がるか、または
 下がるスペースがあるかと言う意味で使わせてもらいますね。
  のびしろ1
  チャートを見てどこまでレートが下がりそうでしょうか?
  すぐ下の20MAの辺りまでは障害物がなく下がりそうです。
  判定時間までに20MAの辺りまでゆっくり下げてくれればラッキー!
  あわよくば一気に75MAまで下がれば楽勝ですね^^

  しかし20MAまで下がったところで、一気に上昇してくる可能性もあります。

  
 結果は下の様になりました。
 判定時間は1分足のオレンジの丸の中のレートでした。
  のびしろ2
 のびしろがない場合は購入を見送っています。
 また、のびしろの判断には移動平均線の他に、
 ボリバン・トレンドラインを使います。


ここまでです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


どうですか?
5分足チャートと1分足チャートを上手く切り替えて取引すると
勝率も上がりそうですね。

1時間チャートも加えればFXのスキャルピングにも使えそうですね。

何かもうひとつインジケーターを加えて、オリジナルなチャート設定を
工夫するのも楽しいですね♪

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント