2017/04/27

インジケーターとチャート設定④ローソク足をチャート前面に表示

こんにちは、mayママです。

MT4ってとっても便利なんですけど、
使い慣れないうちは少々大変かもしれません。

mayママも当初は5分で出来ることを1時間かけて作業したり
やっと完成したそのチャートを誤って✖で消してしまったりと
何度も挫折しながらなんとか基本操作をマスターしました^^

チャートは無いよりあった方がいい!
チャートは読めないより読めたいい!

バイナリーオプションでもFXでも、チャートを見ることによって
勝率が格段に上がります\(^o^)/



では、今日はローソク足を

チャート前面に表示する方法です。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ここからです。

下のチャートをご覧ください。

ローソク足が移動平均線の裏側に隠れていて見にくいです。
特にレンジ相場でローソク足が移動平均線付近をウロウロすると
現在どの位置にあるのか非常に見にくくなりますね。
ローソク足をチャート前面に表示

このローソク足を移動平均線の前に出して見やすくします。

①チャート上で右クリック
②「プロパティ」をクリック
③「全般」をクリック
④「チャートを前面に表示」に✔チェックを入れる
⑤「OK」をクリック



すると下のチャートのように変更されます。
ローソク足をチャート前面に表示後

ローソク足が移動平均線の前に出てきて、始値や終値の位置が
視覚的にはっきり見て取れるようになります。

沢山のインジケーターを表示するとローソク足が隠れて見にくくなるので
その時はこのようにローソク足を全前面に出すと見やすいですね。


逆に、

ローソク足よりも移動平均線などのインジケーターをメインに表示したいと
思う方は「チャートを前面に表示」の✔チェックを外せば、インジケーターが
メインになったチャートが作れますね。


ここまでです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

MT4ですが、お使いの会社によって若干異なるようです。
バージョンによっても違うようです。

オススメは日本語表記のものやデフォルトで日本時間に
対応しているものが良いと思います。

FX取引をされる方はスプレッドの狭い会社を選ばれると良いと思います。
特に週末にどでかくスプレッドが開く会社は
ポジションを持ち越す方には不向きだと思います。

取引に合ったMT4を選びたいですね。


また、少し変わり種ですがCT(チャートトレーダー)なんてチャートもあります。
実はmayママがFX取引を始めた10年近く前は、MT4とCTは並んで人気を二分していたんですよ!
ところがこのCTを採用していた会社が店じまい等ですくなくなり、一時はすっかり廃れてしまいました。

しかし最近になってこのCTを提供し始める会社も出てきたようです。

FXで一番の魅力はバスケット取引が出来ること。

例えばある通貨でロングとショートの2つの注文を逆指値で入れた場合、
この2つの注文をひとつのバスケットに居れます。

その後、先にロングの注文が刺さったらショートの注文は自動キャンセル。
逆に、先にショートの注文が刺さったらロングは自動キャンセルできます。

どちらかの注文が刺さったら急いでもう片方の注文をキャンセルする手間が省けるので楽ちんです。
キャンセルする前に両建てになってしまったなんてことも起こりません。

注文の入れ方によってもチャート選びは変わって来そうですね。

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント