2017/04/28

インジケーターとチャート設定⑤平均足を使おう!

こんにちは、mayママです。

今日はFXでもバイナリーオプションでも人気の
平均足を設定してみます。

ちなみにローソク足平均足は別物です。
使い方(見方・判断の仕方)も違うので注意が必要です。

大きな声では言えませんが、mayママも初めは使い方を間違えてました"(-""-)"

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

では、ここからです。


まず、バーチャート上に平均足(Heiken Ashi)表示してみると
下記のBチャートの様にバーチャートの始値・終値の印が残ります。

気にならない方はこのまま使って問題ありませんが、
なんか邪魔じゃないですか?

このバーチャートの始値・終値の印を消すには

①チャート上で右クリック
②「プロパティ」をクリック
③「色の設定」をクリック
④「上昇バー」と「下降バー」の色表示を「None」に変更
⑤「OK」をクリック


するとCチャートの様に平均足だけがスッキリ表示されます。
見やすいですね!トレンドが一目で把握できそうです。

平均足表示


トレンドを判断するにはとても見やすいので、
特に初心者の方にはオススメです。


ここで平均足の基本を記しておきますね。
平均足の見方

髭は「上ヒゲ=高値」「下ヒゲ=安値」です。

ただ、ローソク足と違い
上昇時に下髭がなく、上ヒゲの長い陽線が続き、
下降時は上ヒゲがなく、下髭の長い陰線が続きます。




次に平均足の使い方です。


平均足は人気のインジケーターなのでFXでもバイナリーオプションでも
手法ごとに多くの使い方が紹介されています。

基本的にはトレンドを判断するのに適しているので
長めの時間足を使った取引に適していると言われています。



~~~~~南緒さんの手法~~~~~

mayママがFX取引をしていた時に使っていた手法は、当時有名だった南緒さんというFXトレーダーさんが使っていたスイング手法で、長時間足から順にチャートを見て、全ての時間足で揃った方向に取引するというものでした。
具体的には全てのチャートが同じ色(陽線なら買い・陰線なら売り)になったら取引します。

当時、南緒さんの本はFXトレーダーのバイブルでした。




~~~~~ボリ平さんの手法~~~~~

ボリ平さん(女性です^^)はバイナリーオプションの短期取引で使われていました。短期の取引で平均足が使えるんだとビックリしました。短期取引ですので、裁量とセンスが必要になりそうです。トレンドの変わり目を取引する手法のようです。




~~~~~mayママおススメの手法~~~~~

平均足は視覚的にとても分かり易いので、是非使いたいインジケーターです。しかし単品で使うよりもRSIなどのオシレーター系と合わせて使うのが良さそうです。
また、後日ご紹介していきたいと思います。


今日はここまでです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


いや~、ローソク足を平均足に変えるだけで景色が全く変わりますね。
考え方も変わるので、頭の回路の切り替えが必要です(笑)

沢山のインジケーターの中から自分に合った物を探すのは大変ですが、
「ローソク足」を使うのか「平均足」を使うのかが、最初の選択になりそうです。

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント