2017/06/26

今週のドル円の狙い目&雇止めってなんだ?

おはようございます。
mayママです。

今週も始まりましたね。
あっという間に、6月も最終週です。
ガッツリ稼いで締めくくりたいですね^^


【今週のドル円6/26~】

早速、ドル円の1時間足チャートを見てみましょう。
170626.png

黒枠の中を見て頂くと分かるように、先週からレンジ相場です。しかし直近の値動きを見てみると、値幅も少なくなり、移動平均線も中央に集まって来ています。

そろそろ抜けるか?

ここらで大きく動いてもらわないと、勝負になりませんから、派手に動いてもらいたいと思っています。しかし、今のところどちらに抜けるか分かりませんので、抜けたら抜けた方向に順張りで追いかけて行こうと思っています。大きく動きますように!


【「雇止め」ってご存知ですか?】

ここからは世間話ですので、お時間のある方はお付き合いください。

私、アルバイトを辞めるかもしれません。

理由は、これまで土日祝出勤だったのが、経費削減で日曜日のみの勤務になってしまった事と、下記の法律改正が理由です。

労働契約法の改正

2013年4月の労働契約法が改正され「有期労働契約が反復更新されて通算5年を超えたときは、労働者の申し込みにより、期間の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換する」ことになったそうです。

恥ずかしながら、mayママはこの法律の存在を知りませんでした。

簡単にお話しますと、mayママのアルバイト先〈東証一部上場・大手)は、アルバイトは1年契約で毎年自動更新です。しかし、上の改正で、5年を超えたら無期限で雇ってあげてよ。つまり、毎年更新という不安定な身分ではなく、長く安定して働けるようにという労働者を守る為の法律のはずでした。

しかし、mayママのアルバイト先は、全てのアルバイト従業員の5年雇止めを決定したのです。最初の雇止めアルバイトが発生するのは、2018年4月(上の法律改正から5年経過後)という事になります。中には15年以上も務めたアルバイトさんもいらっしゃいますが、例外なく雇止めだそうです。mayママに仕事を教えてくれた先輩アルバイトさんも、来年4月に雇止めだそうです。

とんでもない法律作ってくれたな!

調べたところ、雇い止めは法律違反ではないようです。
企業の取るべき方法は下記の5つがあるそうです。

※5つの方法は、President Online より転記させて頂きました。大変分かり易く丁寧に解説されてありましたので、ご興味のある方は、是非、読んでみて下さい。また、これからアルバイト・パート就活される方にも、参考にして頂きたいです。

1、雇止め➡有期契約が5年を超えないように契約終了(mayママの会社)
2、無期契約社員化(処遇条件変更なし)➡給与など条件を変えず、無期契約
3、無期契約社員化(処遇条件改善)➡給与など条件を引き上げ、無期契約
4、限定正社員化➡勤務地、職務、時間などを限定した正社員に転換
5、正社員化➡完全に正社員に転換


ユニクロ等の大手が、この春頃からアルバイトを正社員にしていったのは、この法律が出来たからなのですね。

しかし反対に、一律雇止めにする会社もありました。mayママの勤める会社ですね。労働契約書に、そんなことは書いてありませんでした。もちろん勉強不足で知らなかった自分も悪いのですが。。。まだ、勤めて2年たたないので、あと3年は勤められますが、早々に辞めようと思います。3年後、mayママは50代になります。50を過ぎて放り出されても、希望の仕事を見つけることは出来ないでしょう。40代のうちに、長く勤められる会社を見つけようと思います。

幸いにも、最低限の生活費は投資で得ることが出来ています。しかし体が動くうちは、外に出て働きたいと考えています。投資やブログ更新も楽しいですが、外に出て汗水流して働くことも刺激になり楽しいです。

今日から就活します!
にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

No title

働く事が楽しいなどと思った事は皆無です。
それに加えて年齢がゆくと最低時給のところにしか内定はとれなくなる傾向にある上にブラックの派遣会社や請負会社や中小企業も多々ありその事にうんざりしています。
若い時に幸いにそれなり納得ゆく会社でずっと勤務できるのが身の為だとしみじみ思います。
ママさんは40代後半なのでまだそのチャンスはあります。
働くのが楽しいと思える理由のひとつに仕事ができる能力があるからではないかと憶測しますが。
コミュニケーション能力に恵まれず神経を萎縮していると仕事が何でもない事でとちりその度に口煩いおばさんに目を光らせられてたびたび感情的にガタガタ言いますからねたまりません(経験者の私)。

外の空気を吸いたい^^

能力があるかないかは別として、希望の仕事に就けて、その仕事が自分に合っていたのだと思います。私もブックマークさんと似ていて、コミュニケーション能力は高いと言えず、人見知りもしますので、気を使い過ぎて胃が痛くなることもありますよ^^ しかし、パソコンが話し相手だった期間が長かったので、外の空気がとても美味しく感じました。引きこもりだった私を雇ってくれた会社には感謝しています。まぁ、最終的に雇止めでしょうが。。。

実は、今、パートの面接から帰ってきたところです。物凄く条件の良い所だったので、恐ろしい競争倍率で、パートじゃなくて繁忙期のアルバイトをすすめられました。もう不定期雇用は嫌なので「どうしてもパートが良い」と言ったら、採用保留になりました(悲)

ブックマークさんは、私より少し先輩なのかなと感じておりますが、ほぼ、同世代ですよね?これから働きに出て、自分の子供くらいの年齢の上司の下で働くかと思うと、ちょっと考えちゃいますね。逆に、もっと年配のお局様からの標的になるのも怖いですね。